視覚障害について 

わたしたちは、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚などによって、必要な情報を得ていますが、そのうちの80%以上は、目から(視覚)の情報だと言われています。

その視覚に障害があると、日常生活にずいぶん不便・不自由が生じますが、多くの視覚障害者は、自らの努力と工夫、そして不便さを補う機器類や周囲の人のサポートによって、自立した生活を送っています。

また、わたしたちの社会は、性別・年齢・職業・性格などのさまざまな人がいて、個性を持って成り立っています。同じように、視覚障害者にも、このような違いがあります。それに加えて、視覚障害になった時期、視覚障害の原因、見え方、見えにくさの違いなどは、千差万別です。「視覚障害者」という特別な人がいるわけではありません。

視覚障害者と晴眼者(せいがんしゃ、視覚に障害がない人)の違いは、目が不自由か、不自由でないかということだけで、それ以外は、「個性」であるということを、最初に知っておきましょう。

視覚障害者の数

視覚障害者は全国で31万人で、身体障害者(視覚障害・聴覚言語障害・肢体不自由・内部障害)全体の8.9%であると推計されています。

このうち、60歳以上が全体の70.6%で、高齢化が進んでいます。(数字は、平成18年7月1日現在、以下同じ)

視覚障害の定義

視覚には、視力(ものの形がわかる)、視野(目を動かさないで見える範囲)、光覚(光を感じる)、色覚(色を感じる)、屈折(網膜に見たものを映す)など、さまざまな機能がありますが、そのうち、視力・視野のどちらか、または両方の機能が十分でないため、眼鏡やコンタクトレンズなどを使用しても、見え方がよくならない状態を視覚障害といいます。

見えにくさの程度

「視覚障害者」=「全く見えない人」ではありません。見え方や、見えにくさは、人によって様々です。

光を全く感じない(全盲)の人もいますが、光の明暗がわかる、動きがぼんやり見える、大きな文字なら読むことができるという人もいます。

見える範囲(視野)も、周辺が見えにくい、中心部が暗転してみえない、視野の一部が欠けているという人もいます。

明るさによっても見え方が異なり、あまり明るいとまぶしくて見えにくい人もいます。

全盲の人に対して、少しでも見える人を、弱視(ロービジョン)といいます。弱視の人の見え方は、上にも書いたように実に様々です。そして、見え方を正しく人に伝えることも大変困難です。天候や環境、体調によって左右されることも多いのです。

また、最近では、生まれたときから、あるいは小さいころからの視覚障害者より、病気(糖尿病、網膜色素変性症、緑内障など)やけがなどで視覚障害になった中途視覚障害者の方が多くなりました。

視覚障害には、いろいろな見え方、見えにくさの人がいて、弱視の人にも、段差や障害物につまずきやすい、色が分かりにくい、二重に見えるなど、日常生活の不便がたくさんあることを知ってください。

参考 視覚障害者の等級表(下図参照)

視覚障害は、見えにくさの程度によって「身体障害者福祉法」で、1級から6級までの等級が設けられています。

これらの等級のうち、3級から6級までは大活字(大きな文字)や強度の眼鏡を使用することによって文字を読むことが可能ですが、1級と2級に該当する人の大部分は、点字または音声によらなければ文字情報を得ることができないという重度の視覚障害者です。1級と2級をあわせると、視覚障害者全体の62%、約19万2000人になります。

視覚障害者の等級表

1級両眼の視力の和が0.01以下のもの
2級1.両眼の視力の和が0.02以上0.04以下のもの
2.両眼の視野がそれぞれ10゜以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が95%以上のもの
3級1.両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
2.両眼の視野がそれぞれ10゜以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が90%以上のもの
4級1.両眼の視力の和が0.09以上0.12以下のもの
2.両眼の視野がそれぞれ10゜以内のもの
5級1.両眼の視力の和が0.13以上0.2以下のもの
2.両眼による視野の1/2以上が欠けているもの
6級1.眼の視力が0.02以下他眼の視力が0.6以下のもので、両眼の視力の和が0.2を超えるもの  
(注)視力の測定は、万国式試視力表によって測ったものをいい、屈折異常のある者については、矯正視力について測ったものをいう。

より便利に、より豊かに 〜いろいろな社会資源〜

視覚に障害があっても、自身の工夫や努力で社会生活を送っている人がほとんどです。しかし、中高年になってから病気や事故で、目が不自由になった場合は、身辺の処理や家庭生活、買物、銀行など、日常生活の些細なことにも不自由を感じることが多くなります。これらのことは、社会生活を営んでいく上で必要不可欠なことですので、視覚障害者のリハビリセンターなどで訓練を受け、その上で職場復帰をはかったりすることも必要になります。

また、視覚障害者にとっては、情報収集と移動・歩行が、もっとも不自由だといわれています。その不自由を補うために、点字・音声・拡大文字、白杖・盲導犬・点字ブロックなどがありますが、周囲の人のサポートも必要となってきます。

最近、視覚障害者が日常生活を送る上で、工夫された道具類や、便利な機器類もたくさん出回るようになりました。

これらの道具や機器類を上手に使いこなして、そしてそれ以上に、手触りや音、そして経験から上手に工夫して、生活を豊かに楽しんでいる多くの視覚障害者がいます。

情報収集

文字を拡大した拡大図書やルーペ・拡大読書器を利用して墨字から直接情報を得ることができる人もいます。1・2級の視覚障害者の大部分は、音声情報や点字によって情報を得ています。現在は、音声ソフトをインストールしたパソコンによって、ワープロソフトを用いて墨字の読み書きをしたり、インターネットから情報を得る人も多くなってきました。

歩行・移動

視覚障害者が歩行や移動をする場合には、白杖、盲導犬などを使います。また歩道上の点ブロック・線ブロックや、交差点などの音響信号などの設備もあります。JRでは、新幹線や在来線を利用する視覚障害者の安全を図って、駅員によるガイドが行われています。社会福祉サービスのガイドヘルパーや、ガイドボランティアの活動を利用することもできます。

便利な道具・機器類

台所では、弱視の人にも使いやすい、黒いまな板や黒いしゃもじ、大きな文字のタイマー、音声のキッチンスケール、1回押すごとに一定の量がでるしょうゆ差し、電磁調理器などがあります。音声の腕時計や置き時計、音声電卓、音声体重計、音声付きのリモコンなどもあります。色を音声で知らせてくれる「カラートーク」、必要なものにタグをつけ、登録すると音声で知らせてくれる「ものしりトーク」などもあり、音声付きの携帯電話も大いに活用されています。

NPOやボランティア

情報収集をサポートしたり、移動や旅行を手助けする活動、趣味を共に楽しむボランティアもあります。

点訳ボランティア

小説や読み物をはじめ、実用書、生活に必要な広報誌、趣味の本、機器類の取扱説明書から、児童・生徒の参考書・問題集、学校で必要な教材等々、あらゆる資料・図書類が点字にされています。墨字(目で読む普通の文字)を点字にする作業を点訳といいます。点訳書は、その大部分が点訳ボランティアの活動によって作られています。以前は、点字器やタイプライターでたった1冊の本を作っていましたが、現在では、パソコン点訳によりデータ化され、「サピエ図書館」にアップされて、全国の視覚障害者が利用できるようになりました。

点字のしくみのページへ

音訳ボランティア

点訳と同様、種々の墨字の情報を音声に変える作業を音訳といいます。音訳書もその大部分は音訳ボランティアによって作られています。音訳もカセットテープへの録音からパソコンで録音・編集されるようになりました。

音による情報のページへ

ガイドボランティア

ガイドヘルパーは、障害者自立支援法によって福祉サービスとなりましたが、福祉サービスの枠にとどまらない移動支援を行っている活動もあります。旅行のサポートや県外での移動を支援する全国的なネットワーク(JBOS)もあります。街で視覚障害者が困っているのをみかけたら、声をかけてその場でお手伝いすることも大切なガイドボランティアです。

ガイドの方法のページへ

このほか、音声パソコンの活用をサポートしている施設・団体も多くあります。また、映画に副音声による説明を付け、視覚障害者も映画を楽しめるような活動をしているNPOなどもあります。

本文終わり

ページ先頭に戻る
トップページに行く
  • 文字を大きく
  • 文字を小さく
  • ハイコントラスト
会員専用ログインボタン