点字のしくみ 

エレベーター、駅の自動券売機、銀行のATM、電気洗濯機、・・・それに、缶ビール、木工用接着剤、ビン詰めのジャム、豆腐の容器など、様々な箇所で点字を見かけます。 そこには、なんと書いてあるのでしょう? ここでは、点字を読むことについてまとめました。

点字の誕生

現在、世界で用いられている点字は、フランスのルイ・ブライユ(1809〜1852)が、16歳のとき(1825年)に考案しました。

ルイ・ブライユは、自身も視覚障害で、パリの訓盲院(盲学校)の生徒でした。

点字が生まれる前は、紙に普通の文字を浮き出させて印刷した「浮き出し文字」や、ひもの結び目の形で文字を表す方法が用いられてきましたが、この方法は、読むことはできても、速く読むことはむずかしく、また、視覚障害者自身で書くことは困難だったのです。

ルイ・ブライユが考案した6点の点字によって、はじめて視覚障害者が速く読むことができて、自由に書くことができる文字ができたのです。

日本では、1887年(明治20年)に、アルファベットで書いたローマ字式の点字が、はじめて使われました。

そのときの生徒の感激を目の当たりにした東京盲唖(もうあ)学校の校長小西信八(こにし のぶはち)は、何とか日本語の点字を作りたいと考えました。

そして、先生や生徒たちでいろいろな案を出して考えたのです。その結果、1890年11月1日に石川倉次(いしかわ くらじ)の案が日本の点字として採用されました。

現在は、日本の点字ができた11月1日を「日本の点字制定の日」としています。

点字の仕組み

点字は、縦3点、横2点の6点の組み合わせで作られています。そして、この単位をマスと言います。下の図をみてください。この図の´↓い療世鯀箸濆腓錣擦栃豌擦鯢修鍬キΔ療世鯀箸濆腓錣擦道匆擦鯢修靴泙后

 ´

◆´

 

あの点図いの点図うの点図えの点図おの点図

では、最初に五十音(清音)を読んでみましょう。「あいうえお」はをもう一度確認しましょう。この母音がもとになります。

あの点図いの点図うの点図えの点図おの点図

次は、カ行です。今覚えたア行に、それぞれΔ療世魏辰┐襪肇行になります。

(ア行にΔ療世魏辰┐討い)
かの点図きの点図くの点図けの点図この点図

どうですか? おもしろいでしょう?ア行とカ行を使って、点字を読んでみましょう。

あおいの点図 (     ) 
あかいの点図 (     ) 
かきの点図 (     ) 
おかの点図 (     ) 
けいこの点図 (     ) 
えきの点図 (     ) 
いくの点図 (     ) 
(答え)
「あおい」「あかい」「かき」「おか」「けいこ」「えき」「いく」

次は、サ行です。サ行も母音の´↓い鬚修里泙淹弔靴董↓キΔ療世魏辰┐泙后

(ア行にキΔ療世魏辰┐討い)
さの点図しの点図すの点図せの点図その点図

それでは、つぎの文字を読んでみましょう。

いすの点図 (     ) 
あさの点図 (     ) 
くさきの点図 (     ) 
アイスの点図 (     ) 
おさけの点図 (     ) 

そうです。「いす」「あさ」「くさき」「アイス」「おさけ」です。缶ビールの点字を見てみましょう。

おさけの点図

「おさけ」と書いてあったのです。同じように、タ行はイ療世魏辰┐襦

たの点図ちの点図つの点図ての点図との点図

ナ行はの点を加える。

なの点図にの点図ぬの点図ねの点図のの点図

ハ行はΔ療世魏辰┐襦

はの点図ひの点図ふの点図への点図ほの点図

マ行はキΔ療世魏辰┐襦

まの点図みの点図むの点図めの点図もの点図

ラ行はイ療世魏辰┐襦

らの点図りの点図るの点図れの点図ろの点図

となります。次の語を読んでみましょう。

なかまの点図 (     ) 
さくらの点図 (     ) 
すいえいの点図 (     ) 
こすもすの点図 (     ) 
クリスマスの点図 (     ) 
(答え)
「なかま」「さくら」「すいえい」「こすもす」「クリスマス」

これで、あ・か・さ・た・な・は・ま・ら行が読めるようになりました。でも、まだ少し残っていますね。 ヤ行はちょっと変わっていますが、母音をそのまま一番下へ移動させて、い療世鬚弔韻泙后

やの点図ゆの点図よの点図

ワ行も、母音を一番下へ移動させて、

わの点図をの点図

「ん」は キΔ療

んの点図

小さな「っ」(促音)もあります。促音は、△療世任△蕕錣靴泙后

きって
きっての点図

となります。

のびる音(長音)は↓イ療澄閉慌刺筺砲任后

実際に、読んでみましょう。

ふゆやすみの点図 (     ) 
なかにわの点図 (     ) 
ヨットの点図 (     ) 
れんこんの点図 (     ) 
レースの点図 (     ) 
コーヒーの点図 (     ) 

どうでしょうか? 読めましたか?

(答え)
「ふゆやすみ」「なかにわ」「ヨット」「れんこん」「レース」「コーヒー」

もう、五十音は読めるようになりましたね。

日本語には、このほかに、「てんてん」(゛)のある文字(濁音)、「まる」のある文字(半濁音)、小さい「ゃ・ゅ・ょ」が付く文字(拗音)、それが濁った文字(拗濁音・拗半濁音)があります。

これらの文字は二マスを使って表します。

ひらがなの「が」は「か」と書いてから、「゛」を付けますが、点字では、はじめに「゛」をあらわすイ療世あって、その後ろに清音があります。 点字は、指で触って、左から順に読んでいくので、最初に「濁音ですよ」とお知らせしてあげると、読みやすいのです。

がの点図ぎの点図ぐの点図げの点図ごの点図
ざの点図じの点図ずの点図ぜの点図ぞの点図
だの点図ぢの点図づの点図での点図どの点図
ばの点図びの点図ぶの点図べの点図ぼの点図

半濁音には、Δ療世付きます。

ぱの点図ぴの点図ぷの点図ぺの点図ぽの点図

小さな「ゃ・ゅ・ょ」が付く拗音は、い療世鯢佞韻泙后

きゃきゅきょ
きゃの点図きゅの点図きょの点図

と、なります。ひらがなやカタカナの「きゃ・きゅ・きょ」とは少し違いますね。「き」も小さい「ゃ・ゅ・ょ」もありません。

きゃはい療世縫、きゅはい療世縫、きょはい療世縫海箸覆辰討い泙后サ行なら、い療世縫機Ε后Ε宗▲森圓覆薛い療世縫拭Ε帖Ε函△箸覆蠅泙后

しゃしゅしょ
しゃの点図しゅの点図しょの点図
ちゃちゅちょ
ちゃの点図ちゅの点図" "ちょの点図
にゃにゅにょ
にゃの点図にゅの点図にょの点図
ひゃひゅひょ

ひゃの点図ひゅの点図ひょの点図
みゃみゅみょ
みゃの点図みゅの点図" "みょの点図
りゃりゅりょ
りゃの点図りゅの点図りょの点図

拗音が濁った拗濁音は、い療世法濁音をあらわすイ療世魏辰┐董↓きイ療世鯀阿防佞韻泙后

ぎゃぎゅぎょ
ぎゃの点図ぎゅの点図ぎょの点図
じゃじゅじょ
じゃの点図じゅの点図" "じょの点図
ぢゃぢゅぢょ
ぢゃの点図ぢゅの点図" "ぢょの点図
びゃびゅびょ
びゃの点図びゅの点図" "びょの点図

です。最後に、拗半濁音の「ぴゃ・ぴゅ・ぴょ」は、拗音を表すい療世法半濁音を表すΔ療世魏辰┐董↓きΔ療世鯀阿防佞韻泙后

ぴゃぴゅぴょ
ぴゃの点図ぴゅの点図ぴょの点図

それでは、次の語を読んでみましょう。

がいこくの点図 (     ) 
わさびの点図 (     ) 
すいぞくかんの点図 (     ) 
でんしゃの点図 (     ) 
パソコンの点図 (     ) 
キャッシュ カードの点図 (     )
りょかんの点図 (     )
ジャムの点図 (     )

どうですか? 読めましたか?

点字の間にある長方形は、ここで一マスあけますよという意味です。

答えは、「がいこく」「わさび」「すいぞくかん」「でんしゃ」「パソコン」「キャッシュ カード」「りょかん」「ジャム」です。

もう少し、読んでみましょう。

おはようの点図 (     ) 
こんにちはの点図 (     ) 
さようならの点図 (     ) 
ありがとうの点図 (     ) 
点字はとてもおもしろい (     )
 は句点「。」です

「おはよう」「こんにちは」「さようなら」「ありがとう」「点字はとてもおもしろい。」ですね。

あれ? ・・・ ちょっと変ですね。 そうです。

「おはよう」も「さようなら」も「ありがとう」も「う」ではなくて↓イ療澄長音符が使ってあります。点字では、かなで「う」と書くのびる音には長音符を使います。

名字や名前も同じです。

佐藤よう子太郎
佐藤の点図よう子の点図太郎の点図

となります。

それから、「こんにちは」「点字は」の「は」が、「わ」になっていますね。点字では、発音の通りに書きます。

もう一つ、「てんじは とても おもしろい。」のように、文節の切れ目で一マスあけます。 このように、点字には点字に特有のルールもあります。

これで、点字の読み方の説明は、おしまいです。 もう、街の中の点字も読めますね。こんどは、その点字を読んでみましょう。

また、点字ではないけれど、触って区別ができるような印が付いているものもあります。 お札、シャンプー、牛乳、乾電池、ラップ類など・・・

また、道路に付いている「点字ブロック」も杖や足底で触って分かります。 このように、視覚障害者が触って分かるようになっている多くのものにも関心を持ってください。

(おわり)

点字に興味を持った方には、次のテキストがあります。 読むことをマスターしたら書くことにも挑戦してみてください。 点字を書くにはたくさんのルールがあります。 ルールを覚えて、正しい点字を書くようにしましょう。

テキストなど

※クリックすると出版元のホームページへ移動します。

このほか、点訳ボランティア向けテキストもあります。

点訳・音訳などの出版物のページへ

本文終わり

ページ先頭に戻る
トップページに行く
  • 文字を大きく
  • 文字を小さく
  • ハイコントラスト
会員専用ログインボタン