2017年度サピエ研修会資料

 2017年7月27日(木)〜28日(金)に大阪市内で開催した「サピエ研修会」の当日資料です。

 ご利用ください。

  墨字資料はこちらから。(初日(7/27)と2日目(7/28)に分冊されています。)

  点字資料(BESデータ)はこちらから。 

  研修会の主な内容は以下のとおりです。


【第1日目(7/27)】

1.基調報告「サピエの現状と課題」

 (1) 運営

    報告:全視情協理事長 竹下 亘

 (2) システム管理

    報告:日本点字図書館 館長 長岡英司 ほか

2.サポートセンター「よくある質問」

    担当:サポートセンター 松本一寛

3.デイジーオンラインサービス (プレクストーク新製品の説明を含む)

    担当:サピエシステム管理 小暮 淳、シナノケンシ(株) 白木拓郎

 

【第2日目(7/28)】

4.サピエの状況

    担当:サピエ事務局           

5.公共図書館の障害者サービスにおけるサピエ図書館の活用

    講師:佐藤聖一(日本図書館協会障害者サービス委員会委員長)

6.テーマ別分科会

 (1)「『サピエ図書館』登録点字文書製作基準」の変更について

    担当:点訳委員会 加藤三保子・吉弘裕子

 (2) Web図書館システムを使いこなしましょう!

    担当:サピエシステム管理 勢木一功・小暮淳

 (3)「相互貸借」について

    担当:サピエ実務プロジェクト 塩澤浩司、目録入力プロジェクト 堀川奈穂美

7.マラケシュ条約について

    講師:河村宏(日本DAISYコンソーシアム運営委員長)

8.国立国会図書館の視覚障害者等用データの収集および送信サービス

   講師:安藤一博(国立国会図書館 関西館)


本文終わり

ページ先頭に戻る
トップページに行く
  • 文字を大きく
  • 文字を小さく
  • ハイコントラスト
会員専用ログインボタン